MENU

30代シングルマザーの強みを活かし再婚率を上げる方法とは?婚活を始めるべきタイミングについても解説

私はシングルマザーだから再婚したくてもできない・・・と諦めていませんか?

実は、シングルマザーだからこそあなたの強みを活かし再婚で幸せになることができるのです。

この記事は以下のような人におすすめです。

・どうすれば自分の強みを活かせる?
・再婚率の上げ方がわからない
・いつ婚活を始めるべき?

アラサーシングルマザーである私も、自分の強みの活かし方を身に付け今では自信をもって婚活することができています。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

30代シングルマザーの強みとは?

私たち30代のシングルマザーには魅力がたっぷりです!

子どもがいるからと引け目を感じることなく、まずは自分自身の強みを探すことから始めてみましょう。

それでは、子どもがいる私たちの強みとは何かを解説していきます。

家事スキルがある

子どもを育てていくには、お世話はもちろん料理や洗濯、掃除などの家事をしなければ生活が成り立ちません。

元々家事をする習慣のなかった女性でも育児をすることにより自然と家事スキルは身につくため、再婚すれば美味しい手料理が毎日食べられると男性は想像するでしょう。

今でこそ平等に家事をする時代になってきましたが、やはり料理や家事が得意な女性に惹かれる男性は多いです。

苦手なことを無理に取り繕う必要はありませんが、あなたが得意とすることはどんどんアピールしていきましょう。

育児スキルがある

誰でも最初の子育ては初めての授乳やオムツ替え、夜泣きにあたふたすることもありますよね。

しかしすでに子どものいる私たちは育児スキルが身についているため、再婚後に新しい子どもが産まれてもある程度要領もわかり落ち着いて対応することができます。

余裕があれば再婚相手に育児を教えることもでき、やっぱり経験者は違う!とあなたへの信頼度が増すはずです。

大人の女性として精神的に自立している

育児や仕事、家事なども全て1人でこなしてきたシングルマザーは周りに依存することなく精神的に自立しており、大人の女性としての魅力があります。

独り身の女性なら彼から連絡がないことを気にしてしまいがちですが、育児や仕事に忙しい私たちは少々相手から連絡がなくても気になりません。

束縛が苦手な男性は多いため、自立している女性をアピールすることで男性側から追いかけてくれる可能性が高くなるでしょう。

母性や包容力がある

これまで子どもを1人で育ててきたシングルマザーは人間としても成長し、少々のことでは動じない精神力を身に付けています。

子どもの体調不良やイヤイヤ期など、さまざまなことを乗り越えてきたからこそ器が大きく深い母性や包容力もあるため、男性は自分にもその愛情が注がれたら幸せだろうな・・

と想像してしまいます。

シングルマザーの再婚率を上げる方法

私たち30代のシングルマザーの再婚率は、20-30%ほどと言われています。

もちろん再婚を希望する方ばかりではありませんが、思ったより少ないと感じませんか?

どうせ婚活するなら絶対に成功させたいですよね。

それでは実際に再婚率を上げるにはどのような方法があるのか解説していきます。

シングルマザーであることを最初に伝える

当たり前のことではありますが、シングルマザーであることは最初に伝えましょう。

子どもがいると敬遠されてしまうかも・・・

と隠したままにしていては後で揉めることになりますし、子どもの幸せなくして自分が幸せになることはありません。

何より再婚相手があなたの子どもを大切にしてくれるか、子どもと相性が合うかは大切な結婚の条件です。

マッチングアプリや結婚相談所を利用するのであれば、プロフィールや自己紹介の一番上に記載しておくなど最初に相手の目に入るようにしておきましょう。

自分磨きをする

毎日育児と仕事に追われるシングルマザーとはいえ、ムダ毛を放置し毎日すっぴんでいては再婚率を上げるどころか下げてしまう可能性もあります。

しかしシングルマザーは稼いだお金をまず生活費や子どもにあてなければならないため、無理して美容や洋服にお金をかける必要はありません。

他人から見て清潔感のある服装を心がけ、最近太ってきたと感じるなら食生活や運動習慣を改めるなどお金をかけずに綺麗になる方法はいくらでもあります。

私もズボラなためつい気を抜いてしまうことは多いのですが、毎日鏡の前で全身を観察するなど気を引き締めるようにしています。

離婚原因を考え、改善する

厳しいことを言うようですが、前回の離婚原因が100%相手にあったとしても、そのパートナーを選んだのはあなた自身です。

もちろん私にも言えることですが、友人やパートナーには自分と似たレベルの人が集まります。

そのためあなた自身の考え方やレベルを上げなければ、結局元夫と同じような相手と再婚することになるでしょう。

前回の離婚原因は何だったのかを深く掘り下げて考え、幸せな再婚をするためにはどうすれば良いか、相手に求めるばかりでなく自分自身が変わる努力が必要です。

初婚以外の男性にする

再婚するなら、一度離婚を経験した男性がおすすめです。

初婚男性で婚活をしている場合、早く結婚したいと思っている方も多く出会って数ヵ月でのスピード結婚になる可能性があります。

しかし出会って数ヵ月では相手の良いところしか見えておらず、再婚してもすぐに離婚してしまうということになりかねません。

逆に初婚以外の男性ならお互いに結婚生活や離婚を経験したことで大変さもわかりますし、次は慎重に相手を選びたいという気持ちにもなります。

再婚は急がず相手を見極めるためにも、結婚まで余裕のある方を対象に考えましょう。

シングルファザーとの再婚も考える

先ほど初婚以外の男性がおすすめだとお伝えしましたが、子どもを引き取り自分で育てているシングルファザーなら、子育てや家事の大変さも身に染みてわかっておりシングルマザーの気持ちにも共感してくれやすいです。

そんな男性ならもし再婚したとしても育児や家事を積極的にしてくれるでしょうし、子どものような旦那を1から育てる必要もありません。

実際に私もシングルファザーの方とお互いの子どもを交えてお会いしたことがありますが、お相手の子どもへの接し方を見ることができるためリアルな結婚生活を想像することができます。

今でもその方とは連絡を取り合い、子どもたちも良い友達でいてくれています。

実際に再婚するならお相手の子どもを育てる覚悟は必要ですが、それはお互い様です。

逆にあなたが自分の子どもを共に育ててもらうことに引け目を感じることもないため、シングルファザーはおすすめと言えるでしょう。

愚痴を言わない

子育てや仕事、元夫の愚痴を婚活相手に聞いてもらうのはおすすめしません。

気持ちは痛いほどわかりますが、新しいパートナーはあなたの愚痴を聞きたいと思うでしょうか。

もし愚痴を言うなら明るく冗談を交えて言ってみる、紙に書きだしてみる、目を閉じて自分の心のもやもやをただありのままに感じてみるなどの方法がおすすめです。

注意点としては無理やりポジティブになろうとすると疲れてしまうため、ネガティブな自分の感情に向き合うことがおすすめです。

以前は私も愚痴っぽく人に聞いて貰うことでストレスを発散していたこともありましたが、「心の浄化法」という本を読んでから無理なく自分のもやもやを晴らす方法を身に付けました。

元夫と比較しない

いうまでもなく、新しいパートナーは元夫と別人です。

それぞれの人間に良いところ、悪いところは存在します。

元夫はこうだったと比較しても何のメリットもないどころか、新しいパートナーの嫌なところばかり目につくことにもなりかねません。

最初は難しいかもしれませんが他人同士を比較せず、新しいパートナーの良い面を見るように心がけましょう。

30代シングルマザーが再婚するまでに付き合うべき期間

シングルマザーが再婚するまでにおすすめの期間は1-2年です。

交際期間が数ヵ月など短すぎれば相手のことを良く知らずに結婚してしまうことになり、また失敗する可能性が高くなります。

逆に長すぎると結婚への意識も薄れ、もうこのままでもいいかな・・・となりがちです。

1-2年の交際期間は、相手のことを深く知りつつ結婚にも前向きで居られるベストな期間だと言えるでしょう。

シングルマザーの婚活を始めるべきタイミング

シングルマザーの再婚は年齢が若いほど成功しやすく、子どもも小さいほど相手が受け入れやすいです。

逆に子どもが思春期になると子どもにとってもパートナーにとっても受け入れるハードルが上がり、子どもが18歳以上など精神的に自立している年齢なら母親の再婚を祝福してくれやすいでしょう。

そのため再婚率を上げるなら、あなたが若く子どもが思春期に差し掛かる前の今が最大のチャンスと言えるでしょう。

まとめ

今回は30代シングルマザーの強みを活かし再婚率を上げる方法について解説しました。

以下に記事のポイントをおさらいしておきます。

・大人の女性として自立し、母性や包容力があることが強みとなる
・子どもがいることは最初に伝え、初婚以外やシングルファザーの男性との再婚を視野に入れる
・1-2年はお付き合いの期間を持ち、幸せな再婚ができる相手かどうかを見極める
・再婚活を始めるのは子どももあなたも若い今がベスト

これらのポイントを守れば、再婚率を上げて幸せな再婚が実現できる可能性が高まります。

ぜひブックマークして何度も読み返してみてくださいね。

この記事があなたの幸せな再婚へのヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次